沿革

嘉永元年/1848   初代 加藤吉兵衛が南禅寺の御用達庭師を務める
嘉永~明治中期   2~3代目 吉兵衛の名で、代々家業の造園業を継承
明治中期~大正 加藤彌三郎(4代目) 南禅寺界隈で活躍
昭和初期~ 加藤次郎(5代目) 南禅寺界隈で活躍
昭和13年/1938   国家総動員により規模縮小
昭和21年/1946   終戦により家業を再開
昭和41年/1966 加藤次郎(5代目)
加藤彌寿雄(6代目)
南禅寺小方丈庭園を作庭
昭和42年/1967 加藤次郎(5代目)
加藤彌寿雄(6代目)
南禅寺六道庭を作庭
昭和58年/1983 加藤彌寿雄(6代目) 南禅寺華厳庭を作庭
昭和62年/1987   株式会社へ法人化 (資本金2010万円)
平成初期~ 加藤大貴(7代目) 各所庭園を指導
平成 7年/1995   建設業許可を一般建設業から特定建設業へ
平成10年/1998   増資(2010万円から4260万円へ)
同年 加藤友規(8代目) 技術と経営の両論を提唱
平成11年/1999   全官公庁の指名格付けがAランクとなる
平成12年/2000   1級造園施工管理技士数が20名を超える
平成14年/2002   IS09001認証取得
平成19年/2007   KES認証取得
平成25年/2013   本社移転
平成28年/2016   無鄰菴庭園・岩倉具視幽棲旧宅 指定管理者
受託運営開始(継続中)