方丈庭園

南禅寺 方丈庭園

所在地:京都市左京区
公開状況:一般公開
作庭時期:江戸時代

 

南禅寺 webサイト

方丈庭園(大方丈庭園   寛永年間(1624-1644) 伝小堀遠州作)

  大方丈庭園は、応仁の乱で焼失した南禅寺が以心崇伝(1569-1633)によって再興された際に作庭された、国宝である大方丈の南に面した庭で、小堀遠州作と伝えられています。 

 昭和26年(1951)に国の名勝に指定され、通称「虎の児渡しの庭」として参拝に来られた方々にも親しまれています。大方丈と庭園、借景となる大日山が見事な調和を図っており、優雅枯淡で品格のある禅院式枯山水の庭園となっています。

南禅寺 庭園一覧