お知らせ 学会活動

名勝無鄰菴庭園における本質的価値としての野花を生かした芝生管理のあり方

名勝無鄰菴庭園における本質的価値としての野花を生かした芝生管理のあり方

公益社団法人日本造園学会より『ランドスケープ研究VOL.80増刊技術報告集2017』(No.9)に弊社庭師 阪上富男、半田沙奈絵と弊社社長 加藤友規の研究論文が掲載されました。山縣有朋が野花を愛でたという記録から、野花の計画的な育成管理を庭園の本質的価値と位置づけ実施したことに関する論文です。是非ご高覧くださいませ。「名勝無鄰菴庭園における本質的価値としての野花を生かした芝生管理のあり方」