学会活動

渉成園の空間的特質に関する研究 -利用形態と情景の変遷にみる時代性の考察-

渉成園の空間的特質に関する研究 -利用形態と情景の変遷にみる時代性の考察-

2013年5月25日(土)に開催された 平成25年度日本造園学会全国大会にて、弊社社長 加藤友規が平成24年度日本造園学会学会賞(研究論文部門)を受賞しました。
その業績要旨が2013年8月発行の日本造園学会誌『ランドスケープ研究vol.77 NO.2』に掲載されました。
受賞研究論文タイトル: 渉成園の空間的特質に関する研究 -利用形態と情景の変遷にみる時代性の考察-

渉成園の空間的特質に関する研究 ― 利用形態と情景の変遷にみる時代性の考察 ―