お知らせ 雑誌掲載

京都新聞にて春を象徴する、無鄰菴のヒメスミレが紹介されました。

京都新聞にて春を象徴する、無鄰菴のヒメスミレが紹介されました。

京都新聞にて無鄰菴で多く咲く野花のうち、春を感じさせるヒメスミレが取り上げられました。無鄰菴では施主山縣有朋の想いを反映した育成管理を行っており、山縣が野花を愛していたことから野花の育成管理を通年計画的に実施しています。一般的な日本庭園では野花は雑草とされて除去されることが多いのですが、専任の庭師が冬の寒いうちから30種類以上の野花の生産調整を行っています。ゴールデンウィークの時期には見頃を迎える野花をぜひご鑑賞下さい。