お知らせ

2014/09/05雑誌掲載・出版物

『Discover Japan』

『Discover Japan』2014年10月号「星野リゾートの地楽の達人」にて「京都の職人たちが新しい文化を見せる宿」として弊社社長 加藤友規が星のや京都のお庭について語っています。

もっと見る

2014/07/09雑誌掲載・出版物

『庭師とあるく京の隠れ庭』

平凡社「庭師とあるく京の隠れ庭」にて弊社がお手入れさせていただいている松本酒造 畫舫園(がぼうえん)が掲載されました。

もっと見る

2014/07/06雑誌掲載・出版物

『百山』

2014年7月発行『百山』第77号にて、7月5日弊社社長加藤友規が、百万遍知恩寺にて行った暁天講座「庭園都市・京都の魅力」の様子が掲載されました。

もっと見る

2014/04/01雑誌掲載・出版物

『EARTH TIME』

『EARTH TIME』 地球時間(あすたいむ)2014年Spring号「京都に住む魅力」で、弊社社長 加藤友規が掲載されました。南禅寺・金戒光明寺・けいはんな記念公園も紹介されています。『EARTH TIME』 地球時…

もっと見る

2014/02/10雑誌掲載・出版物

『星野佳路と考える ファミリービジネスマネージメント』

日経BP出版『星野佳路と考える ファミリービジネスマネージメント』にて、星野リゾート代表 星野佳路氏と弊社社長 加藤友規の対談が掲載されました。

もっと見る

2013/12/01雑誌掲載・出版物

『茶の間』

『茶の間』2013年12月号「京都再発見ツアー」にて、社長 加藤友規が掲載されました。

もっと見る

2013/06/01雑誌掲載・出版物

『建築と社会』

『建築と社会』2013年6月号 「関西の建築界 群像」で、社長 加藤友規が掲載されました。

もっと見る

2013/04/01雑誌掲載・出版物

『家庭画報インターナショナル』

『家庭画報インターナショナル』 2013年春夏号「Welcome to Another World-The luxe embrace of Hoshinoya Kyoto」で弊社施工の星のや京都「奥の庭」と庭師の作業風景が紹介されました。

もっと見る

2013/02/23雑誌掲載・出版物

『朝日新聞』朝刊2013年2月23日

2013年2月23日朝日新聞朝刊一面で弊社庭師 阪上富男が名勝庭園 無鄰菴の苔の上を手箒で手入れする様子が紹介されました。

もっと見る

2013/02/01雑誌掲載・出版物

『日経トップリーダー』

『日経トップリーダー』2013年2月号「トップ会談」で、星野リゾート社長 星野佳路氏と弊社社長 加藤友規がオーナー社長の相続について対談し、掲載されました。

もっと見る

2013/01/01雑誌掲載・出版物

『PHP』

2012年12月10日発行『PHP』にて弊社社長加藤友規が造園に関する想いを語っています。

もっと見る

2012/02/01雑誌掲載・出版物

『婦人画報』2012年3月号

『婦人画報』2012年3月号 「美の遺産、そのバック」で、社長 加藤友規がブルガリバック撮影背景の石庭デザインを担当しました。

もっと見る

2011/10/01雑誌掲載・出版物

『季刊京都』2011年秋号

『季刊京都2011年秋』「京都紅葉入門」で、弊社庭師 竹村茂好が京の庭園ナビゲーターとして紹介されました。

もっと見る

2011/10/01雑誌掲載・出版物

『CanCam』

『CanCan』2011年10月号 「いい会社、いい学校」で、立命館大学京都学フィールドワークとして、金戒光明寺での授業風景が紹介されました。

もっと見る

2011/06/01雑誌掲載・出版物

『婦人画報』2011年7月号

『婦人画報』2011年7月号「京都 水の庭、風の家」で、對龍山荘と無鄰菴が掲載されました。

もっと見る

2010/03/01雑誌掲載・出版物

『UOMO』

『UOMO』 2010年3月号「星のや 京都」で、弊社親方の加藤末男と庭師達が紹介されました。

もっと見る

2009/12/22雑誌掲載・出版物

週刊『古社名刹 巡拝の旅 32』 東山京都

『古社名刹 巡拝の旅』2009年12月22日号「参道のフォトアルバム」で、社長 加藤友規と親方 加藤末男が掲載されました。

もっと見る

2009/03/01雑誌掲載・出版物

『ナイルス』インタビュー

『ナイルス』にて、吉兆嵐山本店総料理長 徳岡邦夫氏と弊社社長 加藤友規が何有荘の魅力について対談し、掲載されました。

もっと見る

2004/01/01雑誌掲載・出版物

『南禅』第89号

平成16年1月「南禅」第89号 御忌特集号にて先代である加藤彌寿雄追悼記事として、本人の日記帳「環翠」に記した内容が掲載されました。

もっと見る

1 8 9 10 11 12