10/23 一造会大賞

10/23 一造会大賞

造園技術者の取り組みを奨励する、全国一級造園施工管理技士の会主催の一造会大賞にて「 星のや東京における石敷きのユニット施工について」が優秀賞を受賞いたしました。 現代の造園工事では短期間での施工が求められ、職人が手間をかけて創意工夫しながら施工する技術を発揮する機会が減少している中、お施主様の求める工期に対応しつつ、より高い技術を発揮するために開発したユニット工法が受賞したことに、心を新にし、今後とも、日々の現場に向かいあってまいります。

10/21 朝日新聞

朝日新聞の秋の京都非公開文化財特別公開の特集記事にて、弊社社長加藤友規がナビゲーターをつとめました。弊社が指定管理者として管理運営している名勝無鄰菴、年間を通じて育成管理をさせていただいております大寧軒、そして南禅寺塔頭光雲寺の庭園が取り上げられ、庭園鑑賞のポイントともに解説をいたしました。

https://www.asahi.com/articles/ASLBC6X8WLBCPTFC02Q.html

12/15 日本イコモス賞

2018年度の日本イコモス賞に弊社代表取締役社長、加藤友規による「文化遺産としての日本庭園の保全研究とその活用についての現代的方策と実践」が選出されました。

日本イコモス賞は文化遺産の保存活用理念、保存活用活動、保存活用プロジェクトの前進に貢献し、優れた業績をあげた者を表彰するためイコモス日本委員会によって2014年に創設されました。これまでの取り組みを評価して頂いたことに感謝しつつ、引き続き邁進して参る所存です。

プレスリリース 日本イコモス賞2018

 

10/16 KBS京都ラジオ「竹内弘一のズキューン」

KBS京都ラジオ「竹内弘一のズキューン」 にて、弊社無鄰菴プログラムディレクター山田咲 が出演しました。毎日お手入れをさせていただき、色づきつつある紅葉のお楽しみどころをご紹介させていただき、無鄰菴でも行われます「岡崎明治酒場」での、和ろうそくのみの茶会を通じた庭園の利活用について、くわしくお話させていただきました。 

10/1 京都新聞 「月のアート展」

京都新聞に、弊社が指定管理者として管理運営を行っているけいはんな記念公園内のギャラリー月の庭で10/8まで開催の「月のアート展」が取り上げられました。 毎年観月の季節に開催して13回目を迎え、「月」をテーマに個性あふれる作品が全国から41点集まった様子を写真付きでご取材いただきました。

9/28 毎日が発見10月号

株式会社毎日が発見より「毎日が発見」10月号に弊社が指定管理者として管理運営を行っている名勝無鄰菴が取り上げられました。明治時代に新しい独自の庭園観を持って、山縣有朋が造営した名勝無鄰菴を「自然を愛し、その美しさを取り入れた庭」として紹介していただきました。

9/27 「男の隠れ家」11月号

三栄書房より出版の「男の隠れ家」11月号に、弊社が育成管理を行わせていただいております、星のや京都様のお庭が取り上げられました。弊社庭師 井上靖智が日々育成している「奥の庭」が、瓦と白砂で水の流れを表現したモダンな枯山水として紹介されました。

9/15、9/22 京の夏の旅

京都市観光協会が主催する「京の夏の旅」にて京都府旅行業協同組合様と弊社共同企画のツアー、「無鄰菴と南禅寺界隈非公開庭園を植彌加藤造園社長とめぐる」が開催されました。当日は弊社社長加藤友規が名勝無鄰菴と南禅寺界隈の非公開寺院を、全国からお集まりのお客様にご案内いたしました。参加者のみなさまには、琵琶湖疏水と庭園との関係や、それぞれの庭園の見どころ、年月をかけてはぐくまれる日本庭園の奥深さを感じていただきました。

8/29 朝日新聞出版「秋の京都2018」

朝日新聞出版「秋の京都2018」に弊社が指定管理者として管理運営を行っている名勝無鄰菴が取り上げられました。秋のトワイライト・ライトアップパーティーや、非公開文化財特別公開において山縣有朋ゆかりの名品が初公開されることが紹介されたほか、秋旅BESTルートプランでは「ディープにアートを満喫!1日2018限定コース」に選ばれました。

9/9 けいはんな メセナ事業(大藪小学校)

2018年9月19日に弊社が指定管理者として管理運営をしておりますけいはんな記念公園のスタッフが、京都市立大藪小学校にて環境学習を実施しました。生徒教員のみなさま合わせて71名様を対象に、学校内6か所の樹木の葉を見分けるクイズラリーをしました。

9/9 小学館「サライ 10月号」

小学館「サライ 10月号」に弊社が指定管理者として管理運営を行っている名勝無鄰菴が取り上げられました。東京遷都で衰退した京都に近代化の活力を与えた”命の水”=琵琶湖疏水を取り入れた別荘群の代表として紹介していただきました。
9/6 E&Gアカデミー20周年記念講演

弊社社長加藤友規がE&Gアカデミー20周年記念講演におきまして『「今、世界から注目される日本庭園の「わざと心」をひもとく。」』と題した特別講演を行いました。日本庭園の育成管理の基本概念をご説明し、それを京都の名勝庭園の管理や、現代の施工にどのように日々反映させているのかをお話いたしました。エクステリアやガーデンデザインにもぜひ、育成管理の考えを取り入れていただければと考えております。

9/4 エルマガジン社「ひとりで歩く京都本」

エルマガジン社より「ひとりで歩く京都本」に弊社が指定管理者として管理運営を行っている名勝無鄰菴史跡岩倉具視幽棲旧宅が取り上げられました。名勝無鄰菴は「新たなる美意識を生み出した実験場」であり、東山を借景に琵琶湖疏水の水の流れが美しい「近代日本庭園の傑作」として紹介され、史跡岩倉具視幽棲旧宅は「幕末ファン必見の聖地」として紹介されました。

9/1 ランドスケープデザイン

LANDSCAPE DESIGN No.122に弊社が造園施工技術として開発した、デザイン敷石ユニット工法の特集が掲載されました。2013年より改良を重ねてきたこの技術が、伝統的な日本庭園の造園施工にさらなる可能性をもたらすよう、今後の作庭にも適用して参りたいと考えております。

8/31 京都市立京北第二小学校にて環境学習(メセナ事業)を実施しました

弊社が指定管理者として管理運営をしておりますけいはんな記念公園のスタッフが、京都市立京北第二小学校にて環境学習を実施しました。生徒教員合わせて20名程度を対象に、小学校内桂川流入水路で水生生物採集と採集生物についての説明を行いました。豊かな自然の中、こどもたちは多くの魚を採集し、その後の説明も熱心に聞いていただけました。

8/31 集英社「エクラ」

集英社「エクラ」10月号に弊社が指定管理者として管理運営を行っている名勝無鄰菴が取り上げられました。無鄰菴は、近代日本庭園として、その構想者であり施主である山縣有朋の大胆な庭園観を七代目小川治兵衛が実現した「最強のコラボ作品」として紹介されています。

8/27 まっぷる『秋 紅葉の京都2018』

旺文社「まっぷる『秋 紅葉の京都2018』」に弊社が指定管理者として管理運営を行っている名勝無鄰菴の秋のトワイライト・ライトアップパーティーが取り上げられました。巻頭特集この秋行きたい「最旬&話題の新名所」に選ばれ、無鄰菴カフェも紹介していただきました。

8/27 東山見聞録 岩倉具視幽棲旧宅

南禅寺順正様が季節ごとに発行される「東山見聞録」2018年夏号 vol.63に、弊社が指定管理者として管理運営する岩倉具視幽棲旧宅が掲載されました。 明治の世を岩倉村の住まいで構想し、実現した当時に思いを馳せながら、岩倉具視ゆかりの施設についてご紹介いただきました。 記事全文はこちらからもご覧いただけます。PDF

8/26 産経新聞 「きものを知る」第2回 ー秋の装いー

産経新聞に弊社が指定管理者として管理運営を行っている名勝無鄰菴での講座「きものを知る」が取り上げられました。さまざまな着物に触れながら、図柄や素材の選び方について学んでいただき、和の世界を身近に感じていただける機会になりました。

8/15 JTBのMOOK『2018秋限定の京都』

JTBのMOOK「2018秋限定の京都」に弊社が指定管理者として管理運営を行っている名勝無鄰菴が取り上げられました。もみじ絶景30のなかで「自然を写した庭」としてご紹介され、朝と夕方をオススメいただいております。また、ライトアップの東山エリアでの穴場として紅葉が幻想的な写真を掲載していただきました。