特別対談 ブラウン氏×加藤友規「日本庭園は二十一世紀のクラシックランドスケープ」

column-bk-top
column-bk-brown

北米日本庭園協会(NAJGA)会長

ケンダル・ブラウン氏

北米日本庭園協会(NAJGA)会長ケンダル・ブラウン氏。北米の日本庭園研究の第一人者として知られ、日本美術に関する著書を多数発行するとともに、日本庭園の普及・啓発にも尽くしておられます。現在は「庭の未来像」を考察する次著を構想中で、このほど調査研究のため来日、弊社社長 加藤友規と、日本庭園や庭師の現状と将来について語り合いました。国の登録有形文化財である順正書院(「南禅寺 順正」)で冬木立の庭園を眺めながらの対談は、ブラウン氏の著書のテーマに始まり、今回の訪問のきっかけとなった加藤のNAJGAシカゴカンファレンス基調講演(2014年10月)、日本庭園の今日的価値、これからの庭師に求められるものなど、多岐にわたる深い対話となりました。

column-bk-kato

植彌加藤造園株式会社
代表取締役社長

加藤友規

column-bk-p1

庭師の心は「作庭四分、育成六分」

加藤 ブラウンさん、ようこそお越しくださいました。今回の来日は、次の著書に向けての調査研究ということですが、その本についてお聞かせください。どのようなテーマで書いておられるのですか?

ブラウン いま、私は、庭の未来像についての本を書こうとしています。その本では日本庭園の現状を語りたいのですが、それは単に古典的な作庭の型や作法を紹介したいのではなく、「生きられる風景」*1としての21世紀の日本庭園のあり方を見つめ、育み方を考える内容にしたいと考えています。

加藤 それは素晴らしい御本になりそうですね。

ブラウン 私は次の本で概念の創造をめざしています。北米日本庭園協会(NAJGA)シカゴカンファレンスでの基調講演であなたが話した「フォスタリング」や「作庭四分、育成六分」の思想*2は、まさに私が思い描いていたこれからの庭園のあり方でした。私は大いに感銘を受け、二人で語り合いたいと思い、今日ここに来ました。

加藤 かたじけなく思います。ありがとうございます。

ブラウン あなたは「フォスタリング(fostering/育成)」という新しい概念を語り、エボリューション(evolution/進化)を語りましたね。100年先、200年先の庭を思いながらケアしていくというフォスタリングの発想は、我々にとって新しく、また日本庭園の将来にとって重要なものでした。そしてまた、そのメッセージが、伝統と格式の古都・京都の代々続く家の庭師から発されていることの意味は大きいと考えます。あなたのその哲学がどのようにして築かれてきたのかは興味深いです。

加藤 どれもこれまでずっとやってきたこと、考えていたこと、折々に断片的に話していたことばかりです。ルーツは、子どもの頃の祖父との話にあり、父との話にあり、これまでの経験の中にあります。ただ、人に伝わる言葉になっていませんでした。父は「あんじょうせいよ」などと言うばかりでしたし、職人の教えや学びというのはそういうものでした。ですが、時代も動き、海外からインターンシップ生が学びに来たりもするようになると、「あんじょうせいよ」ではすみません。きちんと伝えて共有できる言葉にして、つまり、暗黙知を共有知にしていかなければという一種の使命感をかねがね抱いておりました。ですので、今回、シカゴで講演の場をいただいたことは、光栄なことでもあり、ありがたい機会でもありました。

ブラウン あなたの哲学はより広く発信するべきです。言うべきことを、言うべき人が、言うべきときに言っている。シカゴの会議で皆がそう感じました。

加藤 今までバラバラに話していたことが、多少は整理できたでしょうか。どれも私たちの間では昔から言われてきたことです。父たち昔の庭師の言葉で言えば「木の声をきけ」「石の声をきけ」といったようなことですね。それがアメリカの人にも受け容れられるのは嬉しいことです。

南禅寺順正

植彌加藤造園の庭師が育む南禅寺順正庭園。書院は国の登録有形文化財

*1「生きられる風景」

景観学者の樋口忠彦氏は、景観工学の観点から日本の景観を分析した『景観の構造-ランドスケープとしての日本の景観』で「ランドスケープの段階の卓越した空間であるということは,自然地形が『思考される』という認識的段階の意味をもつのでなく,景観として『生きられる』『体験される』空間であるということである」と述べ、文化論的な考察の著である『日本の景観』では「生きられる景観」とは「住みこまれ生きられている好ましい棲息地の景観」であると定義した。

*2 北米日本庭園協会(NAJGA)

北米日本庭園協会(North American Japanese Garden Association:NAJGA)は、北米における日本庭園が持つ共通の問題や課題を共し、現地技術者の育成を目的とし2007年に設立された。2012年には日本庭園学会と連携協定を結ぶなど日本との交流が盛んになる中、2014年10月のシカゴカンファレンスにて加藤友規が基調講演を行った。その中で、「フォスタリング(fostering/育成)」という新しい概念を語り、エボリューション(evolution/進化)について語った。

 

「京の庭師の精神」基調講演要旨

南禅寺大玄関作庭

5代目加藤次郎(現社長加藤友規の祖父)
南禅寺大玄関作庭時(1970年)

123