特別対談 ブルーム氏×加藤友規×山口隆史「エンゲージメントがつくる人と庭の幸せな関係」

ポートランド日本庭園CEO

スティーブン・D・ブルーム氏

2015年10月16日(金)、けいはんな記念公園の指定管理者である植彌加藤造園株式会社と米国オレゴン州のポートランド日本庭園は、国際的な日本庭園文化の発展に資するため、相互交流に関する協定の調印を結びました。調印式には、ポートランド日本庭園CEO・スティーブン・D・ブルーム氏にご出席いただき、調印後、弊社社長・加藤友規とけいはんな記念公園所長・山口隆史を交え、お互いの取り組みについての情報交換から、今後の交流の可能性、さらに日本庭園のビジョンについて語り合いました。

植彌加藤造園株式会社
代表取締役社長

加藤友規

column-sky-p1

ポートランド日本庭園 × 植彌加藤造園株式会社 調印式

けいはんな記念公園所長

山口隆史

参加体験型プログラムで来園者が3倍に

加藤 このたびは遠路ありがとうございます。こうして協定の調印を結び、共に高めあえる仲間になれたことを嬉しく思います。

ブルーム 2013年1月に初めて会って以来、お互いに交流を深めてきました。スタッフの相互交流も重ねるなか、プロフェッショナルとしての相性のよさを感じてきました。今回の協定は必然的なステップだと思います。とはいえ、やはり京都は日本庭園の聖地。その京都でこのようなご縁ができることを光栄に思います。我々のポートランド日本庭園*1は歴史も技術も赤子同然です。京都や日本の先達に学んでいきたいと思います。

加藤 たしかに技術はそうかもしれませんが、日本庭園をよりよく利活用していくマネジメントの面ではむしろ先輩だと尊敬しています。2014年来日時の弊社での意見交換会で話されたポートランド日本庭園成功の要因*2のお話は、私たちも大いに勉強になりました。なかでも、市営からNPO化し、市民ファンドで運営するシステムを成功させていることに感動しました。約8000人の市民が支援者となって、日本円にして約8000円の年会費というかたちでポートランド日本庭園を支えている事実は、地域の人の「いい日本庭園であってほしい」という気持ちの強さのあかしだと思います。

ブルーム 2005年に着任したとき、私がまずしたことは、地域の人に関心をもってもらえるプログラムをつくることでした。そのための役職をつくり、企画担当者を置くことから始めました。市民が参加し、日本庭園を経験できるプログラムを、それまでは実施していなかったのです。その重要なロールに抜擢されたダイアンは、京都に18年間住んでいた経験と日本文化・芸術への造詣の深さを生かして、多様なプログラムを実現していってくれました。

加藤 たとえばどのようなプログラムですか?

ブルーム 花見から月見から、こどもの日、それにアートの展覧会やワークショップ、もちろん着物やお茶、お花。ありとあらゆる年中行事や、日本の豊かな文化・芸術が多様なプログラムになります。ただし、来園者がそれをただ見るだけでなく、そこに参加し、経験ができるものであることが大切です。これまでのシンフォニー(交響楽団)運営の経験からも、こうした非営利組織の営みには、地域の人や関係者との「エンゲージメント」がもっとも重要だと考えているからです。それには、まず知ってもらい、次に関心をもってもらい、そして楽しい経験を経て、好きになってもらうことが必要です。

加藤 来園者や参加者に楽しんでもらうために、どのようなことを心がけているのですか?

ブルーム 「クオリティ(上質さ)」と「日本らしさ」です。「だれもが楽しめる」ことをめざすと、結局だれも深くは満足できないものになってしまいます。対象の年齢や嗜好に合わせたプログラムが必要ですし、実際、当園でもターゲットにあわせた企画が多いです。

加藤 それが多くのファンの支援につながっているのでしょうね。すばらしいです。ポートランド日本庭園の現在の年間来園者数は35万人で、ブルームさんの着任後、3倍に増えたと聞いています。

ブルーム ときには多すぎて困るくらいです。でもやはり、もっと多くの人に、もっと日本庭園を楽しんで、好きになってもらいたい。当園では現在、2017年春に拡張プロジェクトを完成させるべく、半年間、一時閉園していますが、2016年3月の再オープニングに向けて、プロジェクトを進行中です。2017年春には、日本の世界的建築家・隈研吾さんの設計によるインターナショナル・インスティテュートをはじめ、大小さまざまな7つの庭園などが新たに誕生します。

加藤 大拡張ですね! みどころはどのようなところですか?

ブルーム 今回のプランの特徴として、地元の木や石といった材と日本の伝統技術・工法を融合させていることがあります。穴太(あのう)衆の職人による穴太積の石垣や、新建材を使った草屋根など、米国初の試みも多く、各方面から注目されています。

加藤 それは楽しみです。1963年に設計されたポートランド日本庭園は現在約50歳の庭園ですが、私はあの庭には、実際の年齢以上の歳月の深みを感じるのです。京都の100年、150年を経た古い庭園にも通じるものがあると言いましょうか。それだけに、さらに50年後、100年後が楽しみでなりません。

*1ポートランド日本庭園

米国北西部に位置するオレゴン州ポートランド市ワシントンパーク内にある日本庭園。1963年に造園計画を開始し、1967年に開園。2013年に50周年を迎えた。設計は日本人造園家・戸野琢磨氏(東京農業大学教授)。総面積2.2ヘクタール。

≫ポートランド日本庭園 webサイト

涼やかな滝の流れ
ポートランド日本庭園の夏の景色
撮影 David Cobb

*2ポートランド日本庭園「成功の要因」

ハード面

(1) 日本と似た気候風土であること。
(2) 日本庭園の伝統的要素と太平洋岸北西部の美的センスを融合させた美しいデザイン、また園内に平庭、石庭、茶庭、池泉回遊庭、自然庭の5つ異なった形式の庭を配置することで、学べる日本庭園を築いたこと。
(3) 日本人ディレクターシステムを導入し、着工から現在まで、庭園築造・維持管理・管理運営において、一貫して日本人造園家が携わってきたこと。(1964年から2〜5年ごとに8人の日本人庭園ディレクターよって受け継がれ、2008年からは学芸員が置かれ現在にいたる。)

ソフト面

(4) 当初から、市営ではなく、NPO法人を立上げ運営してきたことによって、庭園管理を支える寄付が受けられること。
(5) 年間会員制度を設け、運営資金力を得たこと。(年間会員費は、学生向け・個人向け・家族向け、写真家向け、スポンサー向けなど様々で、特典も多様だが、年間パスポートで何度でも入園可。現在の会員数は約8000人で、年間会員費で年間運営費が賄える資金力の蓄積を実現。)
(6) 華道・茶道のレッスンや、花見・観月会・こどもの日などの催し、また日本のアート展示会など、日本の文化芸術を学ぶカルチャーセンターとしてプログラムの充実化を図り、利活用面での魅力が増加したこと。
(7) ボランティア制度を築いたこと。(学芸員スタッフによる8週間の指導を受けはじめてボランティアとして認定される。庭園解説、展示会サポート、庭園の除草・清掃作業や、総務などボランティアの職種は多様。現在は約600人のボランティアに支えられ、地域住民に愛される日本庭園となっている。)

けいはんな記念公園は、けいはんな学研都市(関西文化学術研究都市)の建設を記念する公園。日本の里の風景をテーマとし、水景園(日本庭園)、芽ぶきの森(里山)、棚田風の広場が楽しめる。

≫けいはんな記念公園 webサイト

123