特別史跡特別名勝 平城京左京三条二坊宮跡庭園 保存修理工事

特別史跡特別名勝 平城京左京三条二坊宮跡庭園 保存修理工事

平城京左京三条二坊宮跡庭園は、1975年、奈良郵便局庁舎の移転に伴い行われた発掘調査により発見されました。その後一度埋め戻されましたが1985年に保存整備工事を行い、発掘した景石の強化と修復完了後、露出展示をはじめました。しかし30年以上経って再び劣化が見られるようになりました。

保存修理工事の様子

 この庭園は天平末年以降の西暦750年ごろに造営され、平安初頭の800年ごろまで存続したとみられます。

宮跡庭園は、今から約1200年以上前の遺跡が奈良時代当時のままの姿で発見された、大変貴重な遺跡であり、当時の人々の庭園に対する想いや美意識を現代にありのまま伝える大切なタイムカプセルの役割も果たしています。したがって景石そのものはもちろん、据つけの位置や角度も大変重要で、そのような要素も含めて保存の対象とされています。
                              
この修復作業は、当初整備後約30年を経た段階で、かつての美しさを取り戻すことが目的です。
修復作業は大まかに以下の3段階で行います。
1 傷んでもろくなった景石の位置を記録し、取り外す。
2 取り外した景石に強化する薬剤を染み込ませたり、バラバラになってしまった石をエポキシ樹脂で接着する。
3 強化した景石をミリ単位の精度で元の位置に戻す。

遺構のうちのどの部分を修復するか決まったら、まずは現場の調査と記録から始めます。

保存修理工事 現場の調査と記録

どのような状態で、約1200年前の人が石を据えたのか、貴重な情報をもれなく記録することが大切です。

保存修理工事 現場の調査と記録
保存修理工事 現場の調査と記録
保存修理工事 現場の調査と記録
保存修理工事 現場の調査と記録
保存修理工事 現場の調査と記録
保存修理工事 現場の調査と記録
石のポイントとなるところに目印のマーカーをし、三角点を基準として位置を確定していきます。
石を戻すときに、この写真とマーカーのデータが重要な情報となります。
保存修理工事
次に、取り外し作業を行います。
保存修理工事
取り外しは、石の周りの土層をなるべく傷つけないように最小限に慎重に行われます。この時頼りになるのが、日々庭園で景石を扱っている庭師の感覚です。石がどの程度の深さまで埋まっているのか、またどの方向で埋まっているのかを予測しながら進めます。
保存修理工事
景石の周りに空間ができたら、石そのものをラッピングして、破損が生じないように養生します。
保存修理工事
保存修理工事
次に、ラッピングした景石を吊り上げます。景石の向きを自由自在に玉かけするこの技法は非常に高度で、伝統的な日本庭園の施工技術でもあり、現代の庭師にも受け継がれているものです。重い石を一本のロープのみで、据えるべき角度に吊り上げるという熟練を要する技法です。
保存修理工事
作業中に見えなかった部分に破損が見つかることもあります。
保存修理工事
保存修理工事
次に、その場合も、すべてその場で記録をして、後で復元できるようにします。
また、破損状況によって、取り外しの工法を修正する場合もあります。
保存修理工事
保存修理工事
工法修正を行い、景石を地面から持ち上げます。
保存修理工事
保存修理工事
すぐに準備しておいたシートの上に移動させ、重要な情報が失われないように景石全体を養生します。
保存修理工事
保存修理工事
取り外した地面の跡も重要な資料となります。すべて記録します。
保存修理工事
景石の下に、石をかませている場合は、そのかませかたも合わせて記録します。
保存修理工事
保存修理工事
取り外した景石を安全に、作業場まで運びます。
保存修理工事
保存修理工事
一つ一つの動きを慎重に運びます。
保存修理工事
保存修理工事
取り外した景石はまず洗浄をします。
保存修理工事
破片も同じく洗浄をします。
多い場合は600個程度の破片に分かれている景石もあります。すべて一つずつナンバリングを行い、施術していきます。
保存修理工事
そして、薬剤の浸透が良くなるように最低1週間乾燥させます。
保存修理工事
乾燥が終わったら、このような薬剤を浸透させ、石の中のケイ素と言われるガラス質を補い強化させます。
保存修理工事
小さいものはカップに入れて含浸させます。
保存修理工事
大きなものはネットに入れて養生してから含浸させます。どちらも含浸は3時間程度行います。
保存修理工事
保存修理工事
含浸させたら、変色を防ぐために余分な薬剤をしっかりと拭き取ります。
保存修理工事
その後、直射日光と雨水を避け、1週間保管します。
保存修理工事
含浸が完了したら、破片同士を接着させる作業を行います。
目立ちにくい色のモルタルやエポキシ系の樹脂接着剤を使用します。
保存修理工事
保存修理工事
石によって使用するモルタル素材の色を変えます。
保存修理工事
接着後はこのようになります。
保存修理工事
保存修理工事
修復が完了したことを確認します。
保存修理工事
再び、修復した景石を元あった位置に据え直します。
安全に、据付現場まで運搬を行います。
保存修理工事
保存修理工事
取り外し時の情報を再確認し、どのように据え付けるかの工法を検討します。
保存修理工事
保存修理工事
保存修理工事
いつの修復か、すべての資料が失われてもわかるように、修復年発行の硬貨を入れ込みます。
保存修理工事
保存修理工事
保存修理工事
保存修理工事
保存修理工事
保存修理工事
保存修理工事

このような修復作業を、平成26年度から70か所ほど行っております。
修復工事が完了した後には、再びかつての庭園の姿そのままに鑑賞でき、かつ研究材料として価値の高いものとして公開される予定です。