無鄰菴

無鄰菴

 南禅寺界隈における別荘群の先駆けとして、明治29年(1896)、七代目小川治兵衛(植治)により作庭された元勲・山縣有朋の別邸が無鄰菴です。昭和16年(1941)に山縣家より京都市に譲渡され、昭和26年(1951)には近代の名園として、国の名勝に指定されています。

 敷地面積は3千㎡強(約950坪)。東山を借景とした明るく開放的な芝生空間と軽快な水の流れを有した庭園で、明治時代の庭園の写真帳『京華林泉帖』には、「野趣にとんだ新庭園の代表」と記されております。さらに、同時代の見聞録である『続江湖快心録』には、「以後の庭園はことごとく無鄰菴に倣っている」と記されるなど、近代庭園の先駆けとなる庭園というだけでなく、作庭当初から高い評価を受けていた名園の一つです。