植彌加藤株式会社 景色をはぐくむ - fostering gardens -

-fostering gardens-

植彌加藤造園は、伝統的な日本庭園の育成管理の技術をもとに、次の時代へ、新しい景色をはぐくみます。

景色は、自然環境と人の営み、そしてそれらを取りかこむ社会が構成しています。数百年という長期間にわたり庭園をはぐくむ育成管理の技術は、現代社会と密接に関わることで、景色をより豊かに未来にはぐくむことができます。

植彌加藤造園は、今まで培ってきた伝統技術による庭園管理や作庭の事業に加え、社会のありように即した庭園の活用事業を行います。確かな研究に基づき、庭園それぞれの個性を最大限に活かし、日本文化の交差点である日本庭園の魅力を最大限に引きだします。そして、その価値を世界に伝え、永続的な庭園のはぐくみが、より良い社会を形作ることを目指します。

京都の庭師は、自然と向き合い、その変化や特徴を細部まで観察し尽くし、空間表現に映してきました。植彌加藤造園は、この技術を次の世代に継承し、新たな視点で伝え残す人材を育成することで、想像を絶するスピードで巨大な資本が動く未だかつてないこの時代に、人や、社会がより良い未来へ、真の価値を見いだすことができるよう貢献します。

会社情報

社名
植彌加藤造園株式会社(UEYAKATO Landscape Co.,LTD)
住所
〒606-8425 京都市左京区鹿ケ谷西寺ノ前町45番地
TEL
075-771-3052
FAX
075-752-0154
Mail
kyoto-office@ueyakato.co.jp
創業
1848年 嘉永元年
資本金
4,260万円
社員数
119人
役員
代表取締役会長 加藤大貴
代表取締役社長 加藤友規
専務取締役 加藤嘉基
取締役 田尻喜之
取締役 安野 肇
事業内容
造園サービス業
(庭園・公園緑地・森林等の調査・計画・設計・施工・管理・運営)

代表メッセージ

思ったものがすぐに手に入り、気がつけば常に新しいものに囲まれている大変便利な現代社会では、ときに数百年という時間をかけてはぐくむ日本庭園は、とても効率の悪いものと映るでしょう。しかし、このはぐくみの技術は、現代にこそ、より良い社会を形作るための価値を持ちうると考えています。

日本庭園のはぐくみは、作庭4分育成管理6分です。作庭工事の際には、人やお金など多くの資本を投じますので、竣工した時の喜びはひとしおです。しかし、大切なのはその後のはぐくみです。それは単に伸びた枝を切ることではなく、お施主さまの考えや、その庭園の個性や置かれた環境を読み取り、人にとっては他者である自然の造形を受け入れ理解した上で、空間表現に日々生かしていく絶え間ない行為です。また、庭園を直接はぐくむだけではなく、その魅力をわかりやすく伝え、大切に思う心をはぐくむことも同様に必要です。このようなはぐくみがあるからこそ、淘汰の中では決して得られない、すべての人に通じる安らぎと豊かさを、日本庭園は与えることができます。

約1200年前、平安時代に書かれた作庭記には「人の立てたる石は、生得の山水に勝るべからず」とあります。これは人間のなせる技は自然の造形を超えることがない、常に自然を敬い、そこから学びとりなさい、という意味です。この先人のメッセージを心に刻み、日々のはぐくみに向かい合いたいと考えています。

植彌加藤造園株式会社 代表取締役社長

 

【特別対談】北米日本庭園協会(NAJGA)会長 ケンダル・ブラウン氏×加藤友規
『日本庭園は二十一世紀のクラシックランドスケープ』 (2015年1月)

【特別対談】ポートランド日本庭園CEO・スティーブン・D・ブルーム氏×加藤友規×山口隆史
『エンゲージメントがつくる人と庭の幸せな関係』(2015年10月)

経営理念

造園業を通じて、全社員の物心両面の幸せを追求するとともに、人類社会の進歩発展に貢献すること。

ビジョン

植彌加藤造園の不易流行

いつまでも変わらない本質的なもの『不易』を伝承しながらも、時代のニーズに応じて変化を重ねるもの『流行』を取り入れる、永続的発展企業として社会に貢献すること。

『不易』庭園文化の伝承と創造

世界に誇る伝統文化である日本庭園を担う心技体
京都の庭師としての見識と技術

『流行』造園サービス業

作庭や維持管理などの従来業務のみならず、
庭園の魅了を最大限に利活用し、
御施主様や関係者様へ最高のおもてなし空間を創造すること。

活動概要

会社組織図