ドイツのオスナブリュック応用科学大学のディルク・ユンカー教授と学生様をお迎え

2020/02/26お知らせ

ドイツのオスナブリュック応用科学大学のディルク・ユンカー教授とその学生のみなさま12名様に350年に渡る庭園の歴史をご紹介しました。南禅寺三門から水路閣、弊社が育成管理をさせていただいております南禅寺方丈庭園と指定管理者として管理運営を行っております無鄰菴にご案内しました。

薄曇りのなか、雨が降ったり、晴れたりと、お天気の変化とともにお庭の表情が変わるさまも楽しんで頂けました。

3週間半の日本滞在の間、日本の各所で研修や見学を経験している学生のみなさまでしたが、なかには「日本で一度長期の研修をしてみたい!」と、希望される方もいらっしゃいました。

Ueyakato Landscape recently introduced Professor Dirk Junker of Osnabrück University of Applied Sciences and twelve of his students to 350 years of Japanese gardening history.
Starting from Nanzen-ji Temple’s Sanmon Gate, we first guided them to the Suirokaku Aqueduct. We then showed them around Nanzen-ji Temple’s abbot hall garden, which is managed by Ueyakato, and Murin-an, whom we serve as designated manager.
Amid mildly cloudy weather, there was both rain and sunshine, and everyone enjoyed seeing the changes in the gardens’ expressions that accompanied the fluctuating weather. 
During their three and a half week stay in Japan, these students experienced studying and field trips all over Japan, yet some of them told us “we want to try long-term study in Japan!”

 

お知らせ一覧に戻る