8/5 精華町小中学校教員研修

8/5 精華町小中学校教員研修

弊社が指定管理者として管理運営をしておりますけいはんな記念公園のスタッフが、水景園にて精華町小中学校教員研修を実施しました。

様々な教科担当の先生方24名を対象に「昆虫」を教育テーマとして、採集方法や生態、分類、標本の作り方をフィールドワークを中心に説明を行いました。

公園に生息する虫を間近に観察するなど直接自然に触れ合うことに懐かしさを感じる先生もいらっしゃいました。

7/16 盛和塾中国塾生 くろ谷ご訪問

横浜で開催される第27回盛和塾世界大会を翌日に備えて、中国塾生代表B2団50名が弊社の見学に来られました。弊社御用達寺院のくろ谷金戒光明寺にて弊社社長加藤友規の講和があり、稲盛哲学とその具体的実践を学びました。講和後は、通常非公開の「紫雲の庭」などを見学して、日本庭園の奥深さを味わいました。

6/8 まいまい京都「山紫水明処・廣誠院」

まいまい京都主催のイベント「【山紫水明処・廣誠院】植彌加藤造園社長と巡る、通常非公開・数寄屋の傑作邸宅へ」にて、弊社社長 加藤友規がガイドを務めました。国指定史跡「頼山陽書斎(山紫水明処)」では、庭と建築が織り成す煎茶的空間についてお話させていただき、京都市指定名勝「廣誠院」では高瀬川の流れを引き込んだ庭とそこに建つ茶室を通して、伊集院兼常の美意識をご堪能いただきました。参加者の皆様には、煎茶文化が生んだ庭園と建築の新たな融合を体感していただける機会となりました。

6/2 まいまい京都「【無鄰菴】御用庭師とめぐる南禅寺庭園」

まいまい京都京都岡崎魅力づくり推進協議会共催のツアー「【無鄰菴】御用庭師とめぐる南禅寺庭園、名庭に秘められた庭師の思い」にて弊社庭師 阪上富男がガイドを務めました。金地院を手がけた小堀遠州、無鄰菴の作庭家 七代目小川治兵衛。二人が活躍した時代と個性を比較すると共に、「庭の声を聞く」ことや「庭の育成管理」など、庭師ならではのお話もさせていただきました。新緑の美しい季節で、時折吹く風も心地よく、参加者の皆様には、ゆったりとした庭時間をお過ごしいただきました。

5/25まいまい京都「【八坂】愛おしき石の世界!石マニア庭師と、古社寺の石造物を味わい尽くす」

まいまい京都主催のイベント「【八坂】愛おしき石の世界!石マニア庭師と、古社寺の石造物を味わい尽くす」にて、弊社庭師 竹村茂好がガイドを務めました。竹村が担当している、円山公園庭園部分の流れ修復工事現場の見学のほか、八坂神社の石灯篭、石鳥居や、国の重要文化財に指定されている吉水弁天堂の慈鎮和尚宝塔など、普段は通り過ぎてしまうような場所にある石造物まで足を運びながら、庭と石造物の繋がりを解説し、参加者の皆様に愛おしき石の魅力をお伝えできる機会となりました。

3/30 まいまい京都・京都岡崎魅力づくり推進協議会 「【くろ谷】御用庭師と巡る金戒光明寺、通常非公開の大方丈・庭園を拝見~枯山水の砂紋引、剪定実演、名庭の美を紡ぐ技と心に迫る~」

まいまい京都京都岡崎魅力づくり推進協議会共催のイベント「【くろ谷】御用庭師と巡る金戒光明寺、通常非公開の大方丈・庭園を拝見~枯山水の砂紋引、剪定実演、名庭の美を紡ぐ技と心に迫る~」にて、弊社庭師 岡孝仁および自然文化サービスマネージャー 和田貴子がガイドを務めました。枝垂れ桜が綺麗に咲いて皆様をお迎えし、また突然の雨が、苔や石を潤し、よりいっそう美しいお庭の風景をお楽しみいただけました。参加者の皆様には、砂紋引き体験や庭師ならではのお話を通して、日本庭園の本質的価値を知っていただける機会となりました。

3/23 まいまい京都・京都岡崎魅力づくり推進協議会共催のイベント「【南禅寺奥の院】御用庭師といく神仙佳境の霊地、南禅寺の最奥へ」

まいまい京都京都岡崎魅力づくり推進協議会共催のイベント「【南禅寺奥の院】御用庭師といく神仙佳境の霊地、南禅寺の最奥へ」にて、弊社庭師 竹村茂好がガイドを務めました。参加者の皆様は、早咲きの桜の観賞を楽しまれたほか、石造物の研究を長年行って来た竹村ならではのお話、日々のお手入れのお話などに熱心に耳を傾けられていました。奥の院や駒ヶ滝に初めて訪れた方も多く、南禅寺の奥深い魅力に触れていただける機会となりました。

3/23 朝日カルチャーセンター 「庭を知る」廣誠院

弊社社長 加藤友規が講師を務める朝日カルチャーセンター主催の講座「庭を知る」で、京都市指定名勝廣誠院 (京都市中京区)を訪れました。春らしい日射しの中、建築と庭園の調和に現れた伊集院兼常の美意識を味わいながら、庭園を散策しました。無鄰菴の施主である山縣有朋との交流や、その後造営した對龍山荘への影響など、近代数寄空間の先駆けともいえる造営当初に思いを馳せる時間となりました。

11/20 仏教講演会

1120日(火)、総本山智積院にて京都府仏教連合会主催の仏教講演会が開催され、弊社代表取締役社長の加藤友規が「寺院庭園の魅力」と題して講演いたしました。自然への敬意を底流にしながらも、時代や場所、地形に応じて、庭園固有の価値を形成してきた様々な寺院庭園の姿を事例とともに解説し、ご参加頂いた多くの方からご好評いただきました。また、本講演は翌21日(水)の京都新聞朝刊でも紹介されています。「寺院庭園の魅力」チラシ

11/7 ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川

ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川の招聘アーティストの方々を、南禅寺様と名勝無鄰菴に弊社の 庭園コンシェルジュがご案内いたしました。 写真や音楽、美術など様々な分野で活躍する芸術家の皆様に、 日本庭園の時代ごとの移り変わりや、見方をご説明しました。 今後の京都滞在で、参考になるツアーだったと、 大変お喜びいただけました。 日本庭園での学びが、それぞれの作品制作の糧となれば嬉しく存じます。

9/15、9/22 京の夏の旅

京都市観光協会が主催する「京の夏の旅」にて京都府旅行業協同組合様と弊社共同企画のツアー、「無鄰菴と南禅寺界隈非公開庭園を植彌加藤造園社長とめぐる」が開催されました。当日は弊社社長加藤友規が名勝無鄰菴と南禅寺界隈の非公開寺院を、全国からお集まりのお客様にご案内いたしました。参加者のみなさまには、琵琶湖疏水と庭園との関係や、それぞれの庭園の見どころ、年月をかけてはぐくまれる日本庭園の奥深さを感じていただきました。

6/16 公益財団法人大学コンソーシアム京都

公益財団法人大学コンソーシアム京都様より、海外留学をひかえた学生のみなさまを、弊社が指定管理者を務める名勝無鄰菴にお迎えいたしました。無鄰菴を題材に、英語の勉強をされた後は、庭園コンシェルジュの案内で日本語英語の2言語で、庭園や茶室の中で日本の空間の成り立ちを総合的に学びました。この経験を生かして、留学生のみなさまに日本文化を海外に伝えていただけますことを楽しみにしております。

6/9 【無鄰菴】御用庭師とめぐる南禅寺庭園、名庭に秘められた庭師の思い

まいまい京都京都岡崎魅力づくり推進協議会共催のイベント「【無鄰菴】御用庭師とめぐる南禅寺庭園、名庭に秘められた庭師の思い」にて、弊社庭師 阪上富男が、南禅寺・金地院および無鄰菴をご案内致しました。金地院では、小堀遠州が手がけた、桃山文化薫る豪快で華やかな枯山水を堪能していただき、七代目小川治兵衛が手がけた、名勝・無鄰菴では、芝を多用し、疏水を引くなど日本に新しい庭園文化をもたらしたプロセスや施主・山縣有朋の思いをどう反映したかなど、奥深い作庭の話を庭師ならではの観点で解説させていただき、参加者の方には日本庭園の本質的価値を知っていただける機会となりました。

5/29 ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川

ドイツの公的文化機関であるゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川に滞在中のアーティストの皆様へ、弊社スタッフが「日本庭園入門セミナー」をご提供しました。日本庭園をはぐくむ技術のありかたや通底する考え方、歴史や石の素材を紹介しつつ、弊社が育成管理を行っている南禅寺方丈庭園無鄰菴をご案内いたしました。 ドイツ本国で舞台芸術、音楽や美術に関わるお仕事をなさっているアーティストの皆様は、日本庭園の本質を西洋庭園と比較してとらえられ、大変興味深い交流になりました。

「【南禅寺奥の院】御用庭師といく神仙佳境の霊地、南禅寺の最奥へ」にて

まいまい京都京都岡崎魅力づくり推進協議会共催のイベント「【南禅寺奥の院】御用庭師といく神仙佳境の霊地、南禅寺の最奥へ」にて、弊社庭師 竹村茂好がガイドを務めました。南禅寺発祥の地「南禅院」や最奥の寺「最勝院」で青もみじを堪能した後は、一般的には訪れることの少ない「奥の院」・巨石がそびえる「駒ヶ滝」まで足を伸ばし、山の姿を大切にした景色づくりや、四季の変化に寄り添う庭師の技などの解説を通じて、参加者の皆様に南禅寺の奥深い魅力をお伝えできる機会となりました。

まいまい京都様主催のイベント

まいまい京都様・京都岡崎魅力づくり推進協議会様共催のイベント「御用庭師と巡る金戒光明寺、通常非公開の大方丈・庭園・茶室を拝見」にて、弊社社長 加藤友規および庭師 岡孝仁が、金戒光明寺(通称くろ谷)をご案内致しました。方丈前庭では砂紋引き体験、紫雲の庭では、作庭の話や石の見立て・育成管理のレクチャーの他、松の芽摘み体験を行いました。天候も良く、参加者の皆様には満開の桜をお楽しみいただくとともに、庭師の技と心を感じていただける機会となりました。

3/24 朝日カルチャーセンター

朝日カルチャーセンター主催の講座「庭を知る」で、弊社社長加藤友規が名勝渉成園(京都市下京区)を解説しました。当日は好天で暖かく、桜やミツバツツジ等の花が咲きはじめて庭園散策日和の一日でした。ご参加くださったお客様からは「庭園の歴史や成り立ちを知ることで一層理解が深まった」とのお声を頂き、一般の方々へ日本庭園について直接お伝えする機会を持つことの意義を改めて実感しつつ、今後とも続けていかねばと思いを新たにしております。

草月いけばな展

「草月いけばな展」の関西ブロック展が東本願寺渉成園で開催され、弊社社員も出瓶致しました。草月創流90周年のイベントの一つで、約450人が参加し多くの作品が庭園内を華やかに彩り、多くのお客様に庭園と共に楽しんで頂きました。

宮跡庭園見学会

2018年2月24日、弊社が保存整備工事に携わっている奈良市の特別史跡・特別名勝 平城京左京三条二坊宮跡庭園で、一般の方を対象とした見学会が行われました。通常は立ち入れない修理素屋根内で庭園そのものの解説とあわせて景石の据え付け作業を見学していただき、参加者の方々からは非常に積極的に、奈良時代の遺跡を取り扱う上での技術や歴史についてのご質問をいただきました。

ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川

ドイツの公的文化機関であるゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川に滞在するアーティストの皆様へ弊社スタッフが日本庭園をより深く理解していただく「日本庭園入門セミナー」をご提供しました。日本庭園の種類や歴史を紹介しつつ、弊社が育成管理を行っている南禅寺方丈庭園無鄰菴をご案内いたしました。デザイナーや建築家をはじめ、ドイツ本国で活躍するアーティストから多くの質問を受け、有意義な交流になりました。