日本造園学会ランドスケープ研究vol.81

日本造園学会ランドスケープ研究vol.81

日本造園学会ランドスケープ研究vol.81「連載 これからのランドスケープの仕事」に弊社庭園修景部 半田さなえの記事「どんな庭師になりたいですか?」が掲載されました。ランドスケープ学科を卒業してから入った修行の道で自分の目指すものを模索する日々や、名勝無鄰菴での野花研究の担当者としての責務にどのように向かいあってきたか、その心構えが綴られています。若手の職人が幅広い視野を身につけて、将来のランドスケープの仕事にその人なりの問題意識を持って向かっていける風土を育めるよう、今後とも社をあげて取り組んでまいります。

山縣有朋記念館所蔵の古写真に見る往時の無鄰菴庭園に関する研究

日本造園学会全国大会にて、昨年公益財団法人山縣有朋記念館のご協力により発見された無鄰菴の古写真についての研究発表「山縣有朋記念館所蔵の古写真に見る往時の無鄰菴庭園に関する研究」を弊社社長加藤友規、阪上富男および株式会社清水造園の清水一樹さんが行いました。合わせて、同タイトルの論文が日本造園学会誌「ランドスケープ研究」研究論文集35に掲載されました。

「山縣有朋記念館所蔵の古写真に見る往時の無鄰菴庭園に関する研究」

名勝無鄰菴庭園における本質的価値としての野花を生かした芝生管理のあり方

公益社団法人日本造園学会より『ランドスケープ研究VOL.80増刊技術報告集2017』(No.9)に弊社庭師 阪上富男、半田沙奈絵と弊社社長 加藤友規の研究論文が掲載されました。山縣有朋が野花を愛でたという記録から、野花の計画的な育成管理を庭園の本質的価値と位置づけ実施したことに関する論文です。是非ご高覧くださいませ。「名勝無鄰菴庭園における本質的価値としての野花を生かした芝生管理のあり方」

2017年2月5日(日)観光資源としての庭園」に関する研究会にて弊社社長が「無鄰菴庭園の運営と観光」と題して発表を行いました。

2017年2月5日(日)「観光資源としての庭園」に関する研究会にて弊社社長が「無鄰菴庭園の運営と観光」と題して発表を行いました。本研究会の目的は、日本と欧州において庭園が観光資源として利用されてきた歴史的経緯並びに現状を追うことにより、観光資源としての庭園の今後の可能性を見通すことです。
今年度は、英国とイタリアからゲストスピーカーを招き、日欧における庭園の観光資源としての現状をテーマにした活発な意見交換が行われました。

平成28年度日本造園学会関西支部で研究論文を発表しました。

2016年10月16日(日) 平成28年度日本造園学会関西支部大会にて、弊社 半田沙奈絵が名勝無鄰菴に関する研究論文を発表しました。同研究発表は、平成28年度日本造園学会関西支部賞を受賞しました。

研究発表タイトル: 「名勝無鄰庵庭園」の本質的価値を見つめた庭園管理―山縣有朋の愛した野花を生かした芝生管理のあり方―

2016年9月15日 鳥取県文化財庭園技術者講習会

2016年9月15日(木)鳥取県教育委員会主催の、鳥取県文化財庭園技術者講習会にて弊社社長・加藤友規と若手庭師・半田沙奈絵が「名勝無鄰庵庭園の育成管理」について講演させていただきました。社長・加藤からは「山縣有朋の感性を読み取った庭園管理のあり方」を総括的に、半田からは特に無鄰菴での野花を生かした芝生管理についてお話させていただきました。参加者の方々は実際に、現地鳥取県にて文化財庭園に携わっていらっしゃいますが、皆様大変熱心に耳を傾けて下さいました。ありがとうございました。

京都市文化観光資源保護財団「総本山 智積院」

2016723() 弊社社長 加藤友規が、京都市文化観光資源保護財団主催の「文化財鑑賞会」において、智積院名勝庭園に関する講義をいたしました。ご参加頂いた約100名の皆さま、興味深くご清聴頂き、ありがとうございました。

TRIADプログラムから研修生2名をお迎えしました。

2016年7月19日から4日間、淡路設計景観学校を通じてTRIADプログラム(日米英景観園芸交換研修プログラム)よりインターン生2名(石田さんと劉さん)をお迎えしました。弊社が指定管理者として管理運営している名勝無鄰菴けいはんな記念公園を訪れ、弊社の育成管理の理念や庭園の本質的価値を学びました。今回の経験を、お二人は日本庭園を国際的なフィールドでアピールしていくために、生かしていかれるそうです。とても有意義な体験をされ、今後の活動に活かせると、喜んでいました。

TRIADプログラム
» 続きはこちら

ポートランド日本庭園よりLisa Christyさん来日

2016年5月3日(火)弊社が協定を結ぶポートランド日本庭園よりLisa Christyさんをけいはんな記念公園と、無鄰菴にお迎えしました。指定管理者制度を通じて庭園文化をどのように広めるか、これからのお互いの目指すところなど様々な情報交換ができ大変有意義な交流時間となりました。

ポートランド日本庭園

 

2016年北米日本庭園協会(NAJGA) フロリダ大会

2016年3月7日(月)~8日(火)に米国のフロリダ州パームビーチ群モリカミ博物館で開催された北米日本庭園協会 North American Japanese Garden Association (NAJGA) の大会にて8日、弊社社長 加藤友規、庭師 加藤武史と設計者 熊倉早苗が講演を行い、社員のコバヤシ・ユリカが通訳しました。講演タイトルは「日本庭園の癒しの空間と次世代の育成について」でした。知識と現場経験に裏付けられた庭師やデザイナーならではの発表は、世界中からお越しになったお客様に大変興味を持っていただけました。

NAJGA Facebook

2015年10月4日明石「花と緑のまちづくりセミナー」

2015年10月4日(日) 、明石商工会議所大ホールで開催された『2015ひょうごまちなみガーデンショーin明石』の「花と緑のまちづくりセミナー」にて弊社社長の加藤友規が講演しました。講演タイトルは、「京都の伝統庭園に見る心と技」で、平安時代から受け継がれる庭師の心と京透かしなど口伝の技を紹介しました。ご参加頂いた皆さま、ありがとうございました。

「花と緑のまちづくりセミナー」
ひょうごまちなみ

Facebook

淡路島で庭園・景観園芸に関する国際フォーラム

2015年4月25日(土)、世界の庭園と景観園芸に関する国際フォーラム 花みどり環境の創造と担い手 が淡路島の夢舞台国際会議場メインホールで開催され、弊社社長 加藤 友規もパネリストとして登壇しました。パネルディスカッションでは、日本庭園の育成管理の考え方や、口伝により伝承される庭師の技と心に関して、日本庭園の専門家として言及しました。また、本会場には各国の庭園の写真展が併設され、弊社が育成管理を行っている各所庭園の写真も数枚展示されていました。

概要報告
報告書

第2回 一造会京都庭園巡り

2015年4月10日(金)・11日(土)に第2回 一造会京都庭園巡りが開催されました。
4月10日(金)には弊社が施工し育成管理を行っている、京染会館・嵐山荘・星のや 京都の現場見学会が行われ、弊社社長 加藤友規を筆頭に、現場に携わった弊社庭師 山口満・橋本久範・井上靖智・林寛也・梅西大輔・小山由美が設計・施工・育成管理などの実体験を踏まえた案内を行いました。

名勝無鄰菴庭園の年間維持管理-山縣有朋の感性を読み取った庭園管理のあり方-

公益社団法人日本造園学会より2015年4月発行『ランドスケープ研究VOL.78増刊技術報告集2015』に弊社庭師 阪上富男と弊社社長 加藤友規の研究論文が掲載されました。弊社が年間管理を務める無鄰菴に関する論文です。
タイトル:名勝無鄰菴庭園の年間維持管理-山縣有朋の感性を読み取った庭園管理のあり方-

名勝無鄰菴庭・研究論文(PDF)

フランス人庭師 ジル・クレマン氏

2015年2月24日(火) 弊社社長 加藤友規が世界的に著名なフランス人庭師 ジル・クレマン氏を弊社が育成管理を行っている南禅寺界隈別荘庭園に案内しました。
無鄰菴においてはその時の様子が一部映像とし、総合地球環境学研究所(地球研)のホームページのイベントにアップされています。

ジル・クレマン氏連続公演記事
クレマン氏連続公演リーフレット
無鄰菴でクレマン氏と加藤社長の映像

一造会 NO.9 2015年1月号

2015年1月号『一造会会報』にて、去る2014年10月24日に行われた一造会大賞授賞式の様子が報告され、優秀賞に選ばれた弊社 井上靖智と小山由美の様子が紹介されました。
また、会報内「俺の現場」ページにて、弊社庭師 武藤智彦がけいはんな記念公園での仕事を紹介しました。愛情込めて育み続けるけいはんな記念公園への武藤の想いが伝われば幸いです。

一造会会報
俺の現場

一造会 NO.49 2015年1月号

2015年1月発行『一造会会報』事業報告欄にて京都研修会「京都庭園巡り」が掲載されました。解説を務めた弊社社長 加藤友規とアシスタント 吉武はるひが紹介されています。また別紙報告書により一造会での有意義な京都研修会の様子がまとめられています。

一造会京都研修会報告書

 

 

 

2014年NAJGA シカゴカンファレンス

米国シカゴにて2014年10月16日(木)~18日(土)に開催された北米日本庭園協会 North American Japanese Garden Association(NAJGA) のカンファレンスにて18日、弊社社長 加藤友規、鳥居ヒューゴ、石井あかねが講演を行いました。タイトル: 京の庭師のスピリット ~時空を繋ぐ景色の育成~
また16日のワークショップでは弊社庭師の加藤武史、鳥居ヒューゴが三又を使用した景石の据え付けや樹木剪定などの実演サポートを行いました。

「京の庭師の精神」基調講演要旨
NAJGA Facebook      NAJGA YouTube