9/30 JR東海 観光ホームページ「そうだ 京都、行こう。」

9/30 JR東海 観光ホームページ「そうだ 京都、行こう。」

JR東海の観光ホームページ「そうだ 京都、行こう。」に弊社が指定管理者として管理運営する名勝無鄰菴がとりあげられました。 「【古都こよみ】おすすめ京都紅葉ライトアップ2019 名所・穴場・裏ワザなど」のページでは、「3日間限定! お酒を飲みながら、贅沢なひととき」が楽しめる「秋の紅葉特別夜間公開 トワイライト庭園パーティー」をご紹介いただきました。また、秋の夕暮れを満喫できるスポットとしてもご紹介いただきました。

リンク先はこちら
おすすめ京都紅葉ライトアップ2019 名所・穴場・裏ワザなど
京都 秋は夕暮れガイド

JR東海の「そうだ 京都、行こう。」くろ谷

JR東海の「そうだ 京都、行こう。」キャンペーンCMおよびHPにて、弊社が御用庭師を努めます、「くろ谷 金戒光明寺」が紹介されています。今年の「特別夜間拝観」では、「秋は夕暮れ」というCMテーマに合わせて夕暮れ時に早めにご入場いただき、弊社庭師または庭園コンシェルジュがご案内する「プレミアム拝観プラン(予約制)」をご用意しています。通常非公開の「紫雲の庭」ではライトアップされた美しい庭園と水面に映る紅葉とともに、邦楽の演奏をお楽しみいただけます。この機会にぜひ、足をお運びください。

JR東海の「そうだ 京都、行こう。」キャンペーンCMのリンクはこちら

 

9/15 旺文社「まっぷる紅葉の秋京都」

旺文社発行「まっぷる紅葉の秋京都」に弊社が指定管理者として管理運営する名勝無鄰菴がとりあげられました。 「ライトアップもみじ」のページで、11月22日~24日の「秋の紅葉特別夜間公開 トワイライト庭園パーティー」をご紹介いただいたほか、南禅寺周辺で「東山と疏水と紅葉が庭園の秋を演出」する名所としてご紹介いただきました。

9/13 京都新聞 いけばな 岩倉

京都新聞の連続シリーズ「『明治』を彩るいけばな 秋」の中で、弊社が指定管理者として管理運営を行っている国指定史跡岩倉具視幽棲旧宅が掲載されました。華道本能寺 中野恭心華務長さま、遠州 芦田一馬宗家さまがそれぞれ、対岳文庫玄関にて昭和モダンの洋館に合った作風の花々を、主屋縁側にて「遠州独自の鉢物」に仲秋の名月を愛でる花々を生けてくださいました。

9/30 朝日新聞出版発行「まち歩き地図 京都さんぽ2020」

朝日新聞出版発行の「まち歩き地図 京都さんぽ2020」に、弊社が指定管理者として管理運営を行っている国指定史跡岩倉具視幽棲旧宅が掲載されました。岩倉で「知られざる”通好みの庭園”をめぐる」コースのなかに取り上げられ、岩倉具視お手植えの松や喫茶もご紹介いただきました。

9/10 小学館「サライ10月号」

小学館発行「サライ10月号」の表紙に弊社が指定管理者として管理運営する名勝無鄰菴がとりあげられました。 創刊30周年記念大特集「名庭と出会い、骨董に憩う 京都 日本の美の原点へ」では、「豊かな琵琶湖疏水を活かし、懐かしい里山風景を育む」絵画のような美しい庭は、「日々の掃除があってこそ」生まれてくるものだとご紹介いただきました。

9/6 スターツ出版 OZ magazine TRIP

スターツ出版㈱発行 旅する女性の情報誌「OZ magazine TRIP 10月号」に弊社が指定管理者として管理運営する名勝無鄰菴がとりあげられました。 「庭を回遊しながら紅葉を楽しめる」名所としてご紹介いただきました。また、「秋の紅葉特別夜間公開 トワイライト庭園パーティー( 11月22日~24日)」の情報も掲載されています。

「秋の紅葉特別夜間公開 トワイライト庭園パーティー」の詳細はこちら

9/6 文化出版局「ミセス」10月号

文化出版局発行「ミセス 10月号」に弊社が指定管理者として管理運営する名勝無鄰菴が掲載されました。「東山を借景に、五感で楽しむ庭園美術館」としてご紹介いただきました。また、同庭園内でご提供している庭師ガイド茶の湯などの文化講座無鄰菴カフェのオリジナル三笠(どら焼き)も取り上げられました。

9/5 朝日新聞出版「秋の京都2019」

朝日新聞出版「秋の京都2019」に 弊社が指定管理者として管理運営を行っている名勝無鄰菴が取り上げられました。東山の紅葉ライトアップスポットのひとつに、11月の夜間特別公開「秋のトワイライト庭園パーティー」が掲載され、「敷地内のどこにいても心地良い水音」が響くお庭としてご紹介いただきました。また南禅寺周辺の立ち寄りNAVIのページで、カフェの無鄰菴セットが取り上げられました。

9/1 「古材文化」

特定非営利活動法人 古材文化の会(以下、古材文化の会)の会報「古材文化」最新号に弊社代表取締役社長 加藤友規が寄稿しております。

古材文化の会は、古建築や古材の保存と活用の促進、伝統的木造建築文化と建築技能の継承と発展、資源と共存する持続可能な社会の実現などを目指している団体です。弊社も文化財庭園の管理・運営や修復工事に携わっているご縁から、法人会員として活動させていただいています。

今回の寄稿では、庭と建築の調和についてお話しました。建築側の「視点場」も、庭園の育成管理には大切な基準の一つです。

20190901_古材文化 Vol.147

8/31 「ノジュール9月号」

JTBパブリッシング発行の旅行情報誌「ノジュール9月号」に弊社が指定管理者として管理運営する名勝無鄰菴がとりあげられました。特集「座って愉しむ小さな日本庭園」にて「明治の元勲の理想が詰まった別邸」としてご紹介いただきました。

8/15 まっぷる京都奈良

旺文社の「まっぷる京都奈良」に弊社が指定管理者として管理運営を行っている名勝無鄰菴が取り上げられました。南禅寺周辺の見どころのひとつとして、「明るくのびやかな自然の風景」が演出された庭園として取り上げられ、庭園カフェのメニューもご紹介いただきました。

7/12 京都新聞夕刊 いけばな 無鄰菴

京都新聞の連続シリーズ「『明治』を彩るいけばな」の中で、弊社が指定管理者として管理運営を行っている名勝無鄰菴が掲載されました。未生流中山文甫会 五十棲尚甫華務、古流松藤会 今井理栄京都支部長、いけばな京花傳 手嶋敏和家元が、無鄰菴の夏を創作されました。母屋・4畳半には山縣有朋の内面に思いを馳せた格花(ダンチク)、洋館2階にはここを訪れた人々の笑顔のような夏の花、母屋・ぬれ縁には「京の都の一角に心の潤いを求めた」山縣有朋の心を想い季節の花を「もてなしの空間」に演出してくださいました。

7/1 婦人画報8月号

株式会社ハースト婦人画報社発行の「婦人画報8月号」に弊社が指定管理者として管理運営を行っている名勝無鄰菴が取り上げられました。弊社社長 加藤友規の「景色をはぐくむ」育成管理への取り組みと、弊社の歴史を受け継ぐ庭師たちをご紹介いただきました。また「涼と癒しの夏庭ステイ」では、弊社が育成管理を行わせていただいております、星のや京都様のお庭が取り上げられ、担当庭師 井上靖智の「庭ツアー」をご紹介いただきました。

6/27 デンマーク造園協会 「NIWA」

デンマークの造園協会発行の季刊誌「NIWA」に弊社が指定管理者として管理運営を行っている名勝無鄰菴が掲載されました。無鄰菴の古写真や一次資料をもとに施主 山縣有朋の作庭意図と七代目小川治兵衛の作庭技術を学術的に研究し、育成管理をしている弊社の取り組みをご紹介いただきました。

6/25 株式会社ハースト婦人画報社「MEN’S CLUB」

株式会社ハースト婦人画報社発行の「MEN’S CLUB」に弊社が指定管理者として管理運営を行っている名勝無鄰菴が取り上げられました。「琵琶湖疏水が流れ、大自然を体感できる庭園」として紹介されました。

7/5 タキイ種苗株式会社 「はなとやさい」

タキイ種苗株式会社発行の「園芸新知識 はなとやさい」7月号に弊社が指定管理者として管理運営を行っている名勝無鄰菴が取り上げられました。研究活動による確かな情報に基づいた日々の手入れを実践している弊社の「育成管理」について担当庭師 出口健太がご紹介させていただきました。

6/14 京都新聞 「『明治』を彩るいけばな」

京都新聞の連続シリーズ「『明治』を彩るいけばな」の中で、弊社が指定管理者として管理運営を行っている史跡岩倉具視幽棲旧宅が掲載されました。草月流京都府支部府委員 花崎陽文先生、華道家元池坊京都支部最高顧問 中路喜久子先生、日下部流 日下部一如家元が、岩倉具視公の苦難の生涯を偲び創作されました。それぞれ玄関には岩倉公の想いを想像して紫陽花を、遺髪碑前には祈りの花を、炊事場・かまどには、「力を蓄え、新たな一歩を踏み出した歴史」を表現した伸びやかな花々を生けてくださいました。