けいはんな記念公園における参加型環境整備事例

けいはんな記念公園における参加型環境整備事例

日本造園学会ランドスケープ研究vol.81増刊 作品選集 エイジング・マネジメント部門に弊社指定管理部の舟尾俊範を筆頭に以下7名共著の「けいはんな記念公園における参加型環境整備事例」が掲載されました。作品評では「指定管理者としてすでに整備された公園に対して創造的管理を行うことで、動的で生きた景観を目指した作品である。」と評されました。
「けいはんな記念公園における参加型環境整備事例」

 

相楽木綿作品展

京都新聞にけいはんな記念公園で開催された「相楽木綿作品展」がとりあげられました。相楽木綿伝承館では、木津川市相楽地区で明治から昭和にかけて作られた織物を復元すべく織物教室を開催しており、本展では教室の受講生、会員の作品を着物に仕立てた作品など約50点が展示されました。この展覧会は毎年相楽木綿の機織り技法を現在に伝える催しとともに開催しています。今後とも地域の文化遺産を育む場所となれるような運営を目指してまいります。

お茶の京都

お茶の京都博実行委員会より、平成29年度に実施された「お茶の京都博」において、弊社が指定管理者として管理運営しているけいはんな記念公園で多大な貢献をしたとされ、感謝状をいただきました。お茶の京都博実行委員会は、約1 年間にわたり、山城地域 12 市町村(宇治市、城陽市、八幡市、京田辺市、木津川市、久御山町、井手町、宇治田原町、笠置町、和束町、精華町、南山城村)において、「Discover Premium Green」をコンセプトに「お茶の京都博」を開催して参りました。

しかけに感動する「京都名庭園」

誠文堂新光社より出版された『しかけに感動する「京都名庭園」』に、弊社が指定管理者として管理運営を行っている名勝無鄰菴が取り上げられました。著者である庭園デザイナーの烏賀陽百合さんの目線から、名勝無鄰菴を「個人による、趣味が反映されたお庭」の例として、歴史的背景と施主山縣有朋の感性に触れつつご紹介頂いています。

小学館「和樂」4・5月号

小学館「和樂」4・5月号に弊社が指定管理者として管理運営を行っている名勝無鄰菴が取り上げられました。 お庭を散策した後、数寄屋造りの日本家屋でお抹茶を楽しみながら、東山とお庭が一体となっている景色が眺められることをご紹介頂けました。

庭師小川治兵衛とその時代

鈴木博之著「庭師小川治兵衛とその時代」東大出版会 の英訳が 一般社団法人出版文化産業振興財団出版より ”Landscape Gardener Ogawa Jihei and His Times”として出版されました。弊社が指定管理者として管理運営行っている名勝無鄰菴についても記載があります。無鄰菴の作庭を山縣有朋から依頼された七代目小川治兵衛は近代庭園作庭の担い手となり、当時の権力を担う政治家と産業界の人々から支援を得ました。西洋の要素を取り入れつつ日本庭園が発展していった時代の詳細が記載された書籍となっています。

Mossa(スウェーデン語)苔の本-無鄰菴

スウェーデン人ジャーナリスト、ノルドストロム・ウルリカさんの苔についての本「Mossa – Fran skog till tradgard och kurka」が出版されました。弊社が指定管理者として管理運営を行っている名勝無鄰菴と弊社社長加藤友規が取り上げられ、お庭と園内の苔の生態が紹介されています。

宮跡庭園見学会

2018年2月24日、弊社が保存整備工事に携わっている奈良市の特別史跡・特別名勝 平城京左京三条二坊宮跡庭園で、一般の方を対象とした見学会が行われました。通常は立ち入れない修理素屋根内で庭園そのものの解説とあわせて景石の据え付け作業を見学していただき、参加者の方々からは非常に積極的に、奈良時代の遺跡を取り扱う上での技術や歴史についてのご質問をいただきました。

ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川

ドイツの公的文化機関であるゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川に滞在するアーティストの皆様へ弊社スタッフが日本庭園をより深く理解していただく「日本庭園入門セミナー」をご提供しました。日本庭園の種類や歴史を紹介しつつ、弊社が育成管理を行っている南禅寺方丈庭園無鄰菴をご案内いたしました。デザイナーや建築家をはじめ、ドイツ本国で活躍するアーティストから多くの質問を受け、有意義な交流になりました。 

大人の京都案内

JTBのMook「大人の京都案内」に弊社が指定管理者として管理運営を行っている名勝無鄰菴が取り上げられました。 琵琶湖疏水を取入れた、野趣あふれる庭園としてご紹介いただきました。お庭の日々の育成管理の賜物である「野花」は庭師が年を通して心がけて育てています。春から夏に向けて野花が咲いている近代日本庭園の風景がご覧いただけます。 

NHKニュース 845~関西のニュー

NHK番組「ニュース845~関西のニュースと気象情報~」にて弊社が指定管理者として管理運営を行っている名勝無鄰菴のイベント「山茶忌」が取り上げられました。山縣有朋を偲んで、花を生ける式法「花寄せ」と七事式というお点前の七つの修練の一つ、「花月」が行われました。

Jal Skyward

JAL国際線・国内線機内誌「SKYWARD」に弊社社長の特集インタビューが掲載されました。京都で170年寺社仏閣の庭園管理を担ってきたこと、そしてそれを技の育みと人材の育みを通じて、現代性にどうつなげるかについて書かれています。

QRコード情報誌・けいはんな

QRコード情報誌「KyotoQR」に弊社が指定管理者として管理運営を行っているけいはんな記念公園が取り上げられました。日本の季節の移り変わりが味わえる公園では、お客様が休日に満喫できる自然風情と空間が広がり、その管理のために庭師と公園スタッフが日々お手入れに掛かっています。

オズマガジンMOOK「ひとり京都さんぽ」無鄰菴

オズマガジンMOOK「ひとり京都さんぽ」に弊社が指定管理者として管理運営を行っている名勝無鄰菴が取り上げられました。京都を自転車で観光される際に、お抹茶を楽しみながらお庭を散策していただける施設としてご紹介いただきました。京都観光で無鄰菴が思い出の場所の一つとして残るように、庭師は日々、庭園の育成管理をしております。

JICE国際交流事業KAKEHASHI project御一行様に御来場いただきました。

JICE国際交流事業KAKEHASHI project御一行様に御来場いただきました。アメリカ合衆国ポートランド日本庭園で庭園管理運営に関わる皆様に無鄰菴でお茶のお点前と庭園のガイドをお楽しみいただきました。同じ日本庭園を管理するものとして、総合的な文化体験に関する情報をやりとりするなど、有意義な交流になりました。

若冲Vol.2掲載

京都新聞、KBS京都放送、読売新聞、産経新聞と朝日新聞に1月27・28日に名勝無鄰菴で行われる「日本の絵画を知る」‒自然の光で見る若冲 vol.2 が取り上げられました。伊藤若冲や若冲派の画家の作品をガラスケースなしの数寄屋建築で味わって頂けるイベントで、弊社が名勝無鄰菴の指定管理者として企画いたしました。丁寧に手入れされているお庭に囲まれた、2階建ての数寄屋造りの床の間で描かれた当時の方法でご鑑賞いただけるイベントです。

読売新聞富裕層サービス

読売新聞に弊社が指定管理者として管理運営を行っている名勝無鄰菴が取り上げられました。京都への富裕層観光客が増加傾向にある中、無鄰菴ではお客様にお庭の魅力をより深く感じていただくために、日々育成管理を行っている経験豊かな庭師によるガイドを通訳付きで提供しております。今後も、お客様の日本庭園への関心にお答えできるよう、日本庭園の魅力を総合的に伝えるサービスを開発して参ります。

毎日新聞けいはんなフキノトウ

毎日新聞に弊社が指定管理者として管理運営を行っているけいはんな記念公園が取り上げられました。弊社で生物調査を行う社員の稲本雄太が、公園で早春を象徴するフキノトウの花芽を発見しました。寒い冬でも、春に備えて準備をしている自然が感じられる公園管理を目指してまいります。

1/17南九大

2018年1月17日に南九州大学環境園芸学部で「京の庭 はぐくみ続けて 百七十年-文化財修復から最新の作庭まで-」と題し、弊社社長加藤友規が特別講座を行いました。実例を交えて作庭や修復から、長期的な育成管理の概念について発表し、多くの方に聴講していただきました。

毎日新聞・けいはんな開花

毎日新聞に弊社が指定管理者として管理運営を行っているけいはんな記念公園が取り上げられました。例年より、ベニバナトキワマンサク、コバノミツバツツジが数か月前咲き始めたことについてご紹介いただきました。コバノミツバツツジは里山の春を象徴する花で、この時期と公園内で見られるのは珍しい。日々庭師が手入れをしているけいはんな記念公園の景色には、季節によって移り変わり行く花々の姿を見つけることができます。